やんばる酒造の日常

大切にしたいこと。


こんにちは。
沖縄・やんばるにある小さな酒造
やんばる酒造の池原あんこです。
自称看板娘。
という事で気軽に「まるた娘」と
呼んでいただけると喜びます^^

好きな言葉は「愛嬌」です。まるた娘です。

今日は、なんというか。
備忘録のようなものです。
私達、やんばる酒造はただいま新工場を建設予定です。
まだ着工はしていませんが
来年度中には新しい工場が立ちます。
場所は、現工場のお隣です。

新工場になる理由はやはり現工場の老朽化です。
戦後すぐに創業し、建て増ししながら頑張ってきています。
しかし、もう、なんというか。
工場もめっちゃっおじいちゃんなんですよね。
いつだったか、あるお客様が言っていました。

「30年前にきたときから変わってない!(驚)」

と。

酒造所史上最大の変化は社名変更でしたよね。

新工場を建てるから何かが変わる
ということもないのですが
変化するということは希望と不安が交錯します。
だからこそ、ここできちんと言葉にしておきますね。

酒造所がこのやんばる田嘉里の地に出来て70年。
やはり、今まで営業してこれたのは
地域の皆さんのおかげです。
そして、酒造所の成り立ちである
「集落の人たちが出資をして作った、集落の酒造所」
という背景も大きく影響しています。
今でも、シマ(集落)の人たちが
家族のように酒造所に訪れてくれる。
帰ってくるたびに寄ってくれる。
この酒造所という場所の存在意義を感じています。

そして、社名変更も新工場建設も、今のタイミングで重なったことはとても必要なことだと思います。
なによりも、大きな決断をしている現社長へは感謝しかありません。

ですから、次の世代を受け持つ私の役目は
やはり、この酒造所を守ること。
この場所に在り続けること。
やんばるの人たちの心の拠り所となるような
体温のある泡盛をつくり続けること
本当に、それに尽きると思います。

美味しいものを当たり前につくり、届けていきます。
私は看板娘なのでたまには媚びて、八方美人にもなります。
貪欲に、売上を上げるために動きます。
やんばるの泡盛をみなさまに届けるためならなんだってします。
そして、きちんと、素晴らしいものをお届けします。
ですから、皆さま。
やんばる酒造の泡盛を愛してくれる皆さま。

もっと、泡盛飲んでください。

14年連続で泡盛の出荷量が減少しているんですよ!

やんばるの人口もどんどん、どんどん減っているんですよ!!!!

そんな状況ですから、もちろん売上も落ちてきています!

泡盛売れません!儲かりません!

もう一度言いますよ!!!

もっと泡盛飲んでください!!!!!!

すいません。
取り乱しました。
ちょっと、これ、書いちゃった後に言うのは何ですが、捉え方によっては看板娘が問題発言(売上が伸び悩んでいることをお客様のせいにしている)ってことで怒られるかもしれないじゃないですか。
でも、看板娘が怒られないようにするには、読んでくださった皆さんがWEBショップでお買い物して売上に貢献してくださるしかないと思うんです。
このブログを読んで、WEBショップでご購入頂けた方には
お礼にまるた娘のブロマイド写真入れておきます。
宜しくお願い致します。


現場からは、以上でーーーーーす。

BY まるた娘

▼17年古酒、ミニボトルも残りわずかです。▼


★ LINE@始めました。

友だち追加

お友達になると、限定酒情報がいち早く届きます!

酒造所のお得な情報・限定酒情報を見逃したくない方へ♪

そして、いつでもまるた娘につながります。(笑)



【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★やんばる酒造株式会社
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417(地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
まるた娘twitter 
まるた娘instagram


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
※投稿されたコメントの表示には管理人の承認が必要になります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ