About Us

やんばる酒造について

沖縄本島最北端の泡盛酒造所

私たち、やんばる酒造株式会社は沖縄本島の北部、山原(やんばる)と呼ばれる自然豊かな場所にあります。今から約70年前、1950年(昭和25年)に大宜味村田嘉里地区(おおぎみそんたかざとちく)で、地域の人たちの出資により創業いたしました。そんな私たちが、酒造りにおいて大切にしている事が3つあります。

①やんばるの島酒であり続けること。
やんばるの水を使い、やんばるでつくる。
どんなときも地域に根差した島酒でいることを忘れません。

②おおらかな気持ちを忘れないこと。
酒づくりを取りまく環境が変わっても、
大切なことを見失わないゆとりを持ちます。
やんばるの人たちにとっては家族のように。
やんばるを訪れる人たちにとっては、遠い親戚のように。
島酒が繋げる絆をいちばん大切にします。

③笑顔を生みだすこと。
社員、お客様、地域の人。
島酒を飲む人も、飲まない人も、
みんなの笑顔の真ん中に「泡盛まるた」がある日常を目指しています。

そんな私たちがつくる島酒は、その生産量のおよそ7割が地元で消費されています。
今までも、これからも、やんばるの島酒を心を込めてお届けします。

地元で愛されるヒミツをご紹介!

其の壱、長寿の里、大宜味村の美味しい湧水

泡盛造りに欠かせないのが美味しい水。私たち、やんばる酒造株式会社は長寿の里で知られる大宜味村にあり、その水は天然の恵みであるミネラルをほどよく含んだ中硬水です。酒造所近くの山から汲み上げるこの中硬水が、泡盛造りの要である黒麹菌のチカラを最大に発揮させ、良い麹を造り、泡盛に豊かな風味とやわらかい甘さをもたらしてくれます。そしてその天然水を更に磨き、泡盛の仕込み水や割水にふんだんに使用します。現在でも、昔ながらの水路を守り泡盛を造り続けています。

其の弐、ゆっくり、じっくり、やんばる時間で熟成し旨みを最大に引き出す。

通常の泡盛造りでは発酵時間は約2週間ほど。私たちはその約2倍の時間をかけて発酵させることで、米の旨みや成分を最大に引き出します。そして、お客様に最高に美味しい泡盛をお届けしたいという思いから、一般酒であっても蒸留後約1年間の熟成期間を経て出荷しています。古酒は全量を3年間以上貯蔵熟成した古酒100%で仕上げています。小さい酒造所だからこそ、熟成年数が異なる泡盛をブレンドしながら、「一番旨い!」と思う泡盛だけを出荷します。

其の参、私たちも「やんばる」の未来を担う一員であることを忘れない。

私たち、やんばる酒造株式会社は1950年にこのやんばるの地に根ざし、現在までやんばるで愛される泡盛を造ってきました。しかし、泡盛を造り続けられるのも地元の方々が「島酒」として愛飲してくれるからこそ。日頃から支えられている事に感謝をしながら、私たちも、このやんばるを担っていく一人だと考えています。そして、一人でも多くの方に地元の魅力を伝え、自慢の泡盛で山原を盛り上げたいと考えています。山原の泡盛酒造所として、何ができるかを日々考えながら、これからも美味しい盛を造ります。

ご予約・お問い合わせ

酒造所見学・商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

オンラインショップ