やんばる酒造の日常

最近、心が温かくなったお話。


沖縄本島最北端の泡盛酒造所、
田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)から
やんばるの泡盛をお届けしている
池原あんこと申します。

気軽に『まるた娘』と呼んでもらえると喜びます。

 

うち、田嘉里酒造所は空き瓶を買い取っています。

地元での消費率が高いので、地元から戻ってくる瓶をリサイクルしているんです。

各集落の子供会なんかがよく空き瓶を持ってきてくれます。

瓶を集めてきて、酒造所で買い取ってもらえば子供会やサークルを運営する資金源になるんです。

子供たちは地域の宝物なので酒造所も及ばずながら力になりたいな~と。

そんな想いですこ~し気持ちを乗せて買取ます。

うちのまるた息子もそのうち子供会の仲間入りをするので

私も保護者として頑張らなきゃ~。と思っています。

 

 

 

 

各方面から持ち込まれる空き瓶を

日々買い取っているのですが

そのルーティンの中でも

とっても嬉しかった。というか、

心温まるメッセージを頂きまして。

 

 

 

まるた娘、なんだか心が温かくなったのでここでご紹介させて頂きます。

(ご本人様にはブログに書くことも了承いただいています。)

 

 

 

 

それはある1通のLINEでした。

ずらりと並んだ空き瓶の数々。

しかもひとつ残らず「まるた」ばかり。

LINEのメッセージに入ってきたので

これは、空き瓶溜まってるから取りに来て~って話かな?と思いつつ

下にスクロールしていくとメッセージも添えられていて。

 

 

 

そのメッセージにはこんなことが書いていました。

 

 

 

・今日久しぶりに田嘉里酒造所に空き瓶を持って行ったこと

 

・自宅が3階にあるので瓶を子供たちと運んだこと

 

・酒造所について瓶をおろしていたら酒造所の人たちが手伝ってくれたこと

 

・片付けたくてもどうしても手が付けれられなかったこと

 

・なぜなら亡くなった旦那様が晩酌をしながら長年かけてため込んでいた空き瓶だったから

 

・捨てようかなぁと思ってた瓶代が1800円もあったこと

 

最後には「主人の空き瓶代で子供たちへお菓子を買ってあげようと思う。

という言葉で締めくくられていました。

 

 

 

 

 

頂いたメッセージの言葉から、

「まるた」が大好きで

毎日のように晩酌していた

旦那様のことを想像して

切なくも、心が温かくなりました。

 

 

心が温かくなったのは

きっと、毎日まるたを飲む旦那様を

家族として、妻として、

そして子供たちの母として、

ず~と見守ってきた奥様の様子が

メッセージから伝わって来たからです。

これからもずっと、ステキなご家族ですよね。

旦那様と奥様二人で築いた家族ですから間違いないです。

メッセージを戴きまして、本当にありがとうございました。

 

 

空き瓶の買い取りを通じて

こんな温かい気持ちになれるなんて

この出来事を伝えてくれた奥様に感謝です。

 

 

 

 

「まるた」を手にしたすべての人に

「まるた」とのストーリーがある。

 

 

 

地元に根付く酒造所として、そんなひとつひとつのストーリーを大事にしていきたいものです。

そして今日も「まるた」を美味しく飲んでもらえるように田嘉里酒造所は心を込めて造ります!

いつも「まるた」を囲んで輪ができる。そんな泡盛になるために。

「まーるた!」

でも、やっぱり変顔で〆るんだね。

BYまるた娘


★ LINE@始めました。

友だち追加数

お友達になると、限定酒情報がいち早く届きます!

酒造所のお得な情報・限定酒情報を見逃したくない方へ♪

 


【WEBでのお買い物はこちらから】

工場直送だから安心です♡

泡盛新聞バナー8

画像をクリックするとWEBショップに飛びます\(^o^)/


【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★合名会社田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
公式twitter 
公式instagram


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
※投稿されたコメントの表示には管理人の承認が必要になります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ