やんばる酒造の日常

まるた娘、仕事復帰!の巻


Hi, I'm Ayako Ikehara who is in charge of public relations this factory.

I will introduce various information of Awamori and more in this blog.

こんにちは。

沖縄・やんばるにある小さな酒造所

やんばる酒造の池原あんこです。

自称看板娘。という事で気軽に「まるた娘」と呼んでいただけると喜びます^^

 

 

出産から2か月!

産休も終わり、酒屋に帰ってきましたー!


写真うつりを少しでもよくしようとテイク3くらいしました。(笑)

 

 

さてさて!

帰ってきてから

一発目のお仕事はというと!

現地でお会いできた方も大勢いらっしゃいましたね!

そう!『沖縄の産業まつり』でした。

三日間とも、スゴ―――イ

晴天に見舞われて(←恵まれての間違い)

沢山の方にご来場いただきまして

蔵元限定酒もゲットして頂きまして

感謝感謝の三日間でございました~!

 

 

 

私はといえば、那覇に一泊もせず!

毎日やんばるから通うという

修行か!!!

と思える日々でした。笑

 

 

 

泊まりたかったよ~( ;∀;)

お酒も飲みたかったよ~( ;∀;)

 

 

 

 

そして、気が付けば産業まつりの写真はこの1枚のみ!

ありんくりん市のブースで大宜味村メンバーと共に試飲販売を行っていました~!

ん!手前のお酒タワーが気になりますよね!?

そう、これがお祭りから販売を開始した蔵元限定酒です!

なんと今回!

17年古酒!!

2001年7月蒸留でして

ステンレスタンクにて貯蔵熟成の古酒です。

 

 

今回、こちらのお酒の一番の特徴は

『舌を喜ばせる甘味』

ではないかと個人的に思っています。

こちらの古酒は以前から12年物、15年物として

蔵元限定酒で出してきた古酒です。

15年物の時はメープルシロップ様の

甘い香りがとても強く

酒らしいアルコール度数も

しっかりと感じまだまだ元気のある印象。

 

 

それから2年、年数回の撹拌作業や

度数の計測も行いつつ管理してきました。

17年目に入り、最初に立ち上る香りは

やや落ち着いてきて、甘みのある

味わいのほうへシフトしている感じがいたします。

もしかすると古酒って、

ここから数年で

味わいが濃くなっていくのかも・・・

そんな感じがしました。

 

 

私たちやんばる酒造の古酒は

この17年が最高年数。

ここからは未知の領域なんですね。

 

 

 

 

しかし、先日味見をした

先代(池原秋夫)が残した30年超えの

手持ちの古酒(実家にある)は、

古酒としては香りも味わいも

もうひとつ上のレベルへ行っていました。

その味わいを踏まえても、

この17年古酒はここからまた更なる進化をするんだろうな~

なんて個人的に思うわけです。

 

 

 

 

さて!味わいもさることながら

WEBショップでは販売するのか?

というお問合せ頂いております。

 

 

 

おまかせください。

商品ページもできました!

 

数量は限定ですが、年明けまでこの17年古酒を楽しんで頂けるくらいご用意しています。

やんばるまで来る際はぜお味見しに工場までお越しくださいね!

それじゃぁ、また書きますねー!

OK! see you next blog!  

BY まるた娘

posted by Ayako.

 


★ LINE@始めました。

友だち追加

お友達になると、限定酒情報がいち早く届きます!

酒造所のお得な情報・限定酒情報を見逃したくない方へ♪

そして、いつでもまるた娘につながります。(笑)



【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★やんばる酒造株式会社
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417(地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
まるた娘twitter 
まるた娘instagram


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
※投稿されたコメントの表示には管理人の承認が必要になります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ