まるた娘の独り言

65年前を知る女・・・


はいたいっ!こんにちは~。
沖縄本島最北端の泡盛酒造所から
やんばるの琉球泡盛をお届けしている
田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)
のまるた娘こと
池原あんこです。

気軽に『まるた娘』って呼んでくださいね♪





【朗報】

ユキちゃんが帰ってきました。
IMG00896

ハイジに出てくるヤギのユキちゃんではなく、リアルユキちゃんです。

 

どこに行ってたのかと言いますと

病院に行っていました。

 

あれは、四月の終わりごろ・・・

自分用に買ってもらった

全自動の介護用のベッドが

とても気に入らなかったようで

「こんな年寄りベッドではもう寝ない!」と。

自信満々に言い放ったユキちゃん(96)

その夜、ベッドで寝ないものだから

腰を痛めてしまい、次の日から

2か月間入院しました。

そして、昨日帰ってきたのでーす。

ユキチャン (*´∀`) ノ オカエリ

 

 

 

やっと帰ってきたので、

前から聞きたかった事を

聞こうとおもいます。

 

 

 

田嘉里酒造所が酒を造り始めたのは

今から65年前の1950年のこと。

そのとき、彼女は・・・31歳。

今のまるた娘とほぼ同じ年です。

 

 

その当時はまだ、

現三代目社長も生まれていません。
(ユキちゃんは、田嘉里酒造の社長のお母さん)

創業当時、どんな感じだったのか

すご~く興味があったので

「酒造が出来た頃覚えてる~?」

と聞いてみました。

 

 

 

すると帰ってきた言葉。

 

 

 

 

 

『わしたん(忘れた)』

 

 

 

 

 

もうね、予想外の言葉。

「大変だった~」とか

「お酒売れなかった~」とか

創業当初の酒造所の事を覚えてるのは

もうユキちゃんしかいないから

聞いたんですけどね。

 

 

 

 

『わしたん(忘れた)』

 

 

 

と。

 

 

 

誰かが言ってました。

「忘れる事でしか前に進めない」と。

ユキちゃん・・・そうなの?

きっと、そういう事なんだよね?

「過去に囚われていては成長できないと」

ユキちゃん・・・96年生きる間に

かの有名な、パスカルのごとく

哲学を習得したんだね。人生を掛けて。

 

 

決して、

退院早々に目をキラッキラに輝かせて

うるさく昔の事を聞いてくる

孫娘に話すのがメンドクサイから

言っているんじゃないよね??

 

 

決して、忘れてるわけじゃないよね??

 

そう信じたい。

 

 

 

96年も生きていれば65年前なんて

まるで昨日の事のようだろうと

思っているのは私だけで

本人からすると沢山の思い出がありすぎて

ものすごく大変な事なんですよね。

映画にすると336,384本分になるんですから。

そりゃ、大変ですよね。

 

 

 

だから、優しく言っておきました。

 

 

 

ま「退院おめでとうね~。また今度、ゆっくり思い出しながら話聞かせてね~。」

 

 

ユ「ありがとうね~。ももこ~。」

 

 

 

も...

もも...こ.....

 

 

 

ユキちゃん
忘れてる―――!!!

 

まるた娘の
名前忘れてるーーッ!!!

 

 

 

二か月の入院生活で
まさかの名前を忘れられるという事実。
(お見舞いも行ってたんですけどね)
(・´ω`・)ウーム

 

こりゃ、65年前のことも
ホントに忘れてるかもね。(笑)

 

でも、めげずに、聞き続けよう。
新しい発見があるはずだから。

 

とりあえず

ユキちゃん

おかえりなさい♡ 

IMG00896

 

以上、現場のまるた娘でした♪


 

只今WEBショップにて
↓↓夏得!ナットク!キャンペーン中~↓↓
名称未設定 2

▽泡盛選びで迷っちゃう人へのオススメは
【送料無料の蔵元一押し5本セット】

▽飲みやすい泡盛を仲間と楽しみたいアナタ
【送料無料のじゃんじゃんモアイ6本セット】


【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★合名会社田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
公式twitter 
メール


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
※投稿されたコメントの表示には管理人の承認が必要になります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ