コース料理と泡盛を楽しむグルメの会


沖縄本島最北端の泡盛酒造所、
田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)から
やんばるの泡盛をお届けしている
池原あんこと申します。

気軽に『まるた娘』と呼んでもらえると喜びます。

 

 

 

今日は、ついこの間行われた

喜屋武商店プレゼンツ

コース料理と泡盛を楽しむグルメの会

の報告をしますね。

今回、11回目は

田嘉里酒造所の回だったので

コース料理とKUINA BLACK40度を楽しんで頂きました!

献立に、「お」が付いている。「お献立」。まるた娘の辞書に書き込んでおこう。

 

 

 

今回は、私と社長で出席したんですけどね。

田舎から出てきたまるた娘は

最初にご挨拶をさせて頂いたり、

お酒の説明をしたりと、

日頃はなかなかないホテルでの食事会に

終始緊張の面持ちでこの顔でした。

め、目が死んでいる!!少し、おめかしはしましたが。(笑)

 

 

今回、まるた娘的には

泡盛マイスターとしても

腕の見せ所だったわけなので

お献立に合わせての

古酒の飲み分けをご紹介しました。

まずは食前酒に7(炭酸水):3(40度古酒)の炭酸割り。

アルコール度数は約12~3度。

古酒の甘みが引き出されて、

まるで甘くてスッキリとした

品の良いサイダーを飲んでいるような

そんな錯覚に落ちます。

炭酸で胃を少し刺激し、

体の準備が整ったところで

さぁ、美味しいお食事を!

というイメージです。

炭酸割りや水割りを楽しんで頂いている中

お献立もお造りから煮物や焼き物へ。

このタイミングでお湯を用意して頂きました。

実は、このKUINA BLACK40度は

水割りやロックでいただくと

味わいがキュっと引き締まる分、

苦味や渋み(収斂味)を感じやすくなるのですが

お湯割りにするとその苦味がまろやかになります。

甘さがとてもよく引き立つ飲み方がお湯割りなのです。

お献立でも(お献立言いたいだけになってきた)

ちょうどそこの頃は

優しい甘い餡に包まれた

煮物や焼き物でしたから

タイミング的にもバッチリでした。

 

 

 

そして、お口が

古酒の甘みに慣れてきたころに

満を持して登場する

秘蔵酒『山原くいな10年古酒』

こちらはグラスに注いで、

手のひらでゆ~っくり温めて

人肌になった頃が飲み頃です。

私は紹介する側なのですが

この秘蔵酒の深い甘さと

嫌味のないコクに酔いしれましたな。

(この秘蔵酒を味わうとなんとなく、こんな口調になります。笑)

 

 

こちらは発売前の商品なので

発売時期になれば

またお知らせしますね。

(喜屋武商店さんからの限定発売になります!)

 

 

 

 

いやぁ。

もっと語りたいんですが

今日はここまで。

後は泡盛新聞さんが

記事にしてくれるそうなので

期待して待ってます♡

(写真撮る時間がなかったので笑)

 

 

今回大人気だったKUINA BLACK40度古酒のご購入はWEBショップへどうぞ。

 

 

 

 

また次回、酒造所として

グルメの会に参加できるのは

いつになるでしょうね~。

その日の為にさらに勉強して腕を磨いておきますね!

終始こんな顔ですが。笑

 

では、また書きます。

みなさん良い週末を!

BYまるた娘


★ LINE@始めました。

友だち追加数

お友達になると、限定酒情報がいち早く届きます!

酒造所のお得な情報・限定酒情報を見逃したくない方へ♪

 


【WEBでのお買い物はこちらから】

工場直送だから安心です♡

泡盛新聞バナー8

画像をクリックするとWEBショップに飛びます\(^o^)/


【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★合名会社田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
公式twitter 
公式instagram


カテゴリー

ページトップへ