【 泡盛 × 夏バテ 予防】いい方法あります。


はいた~い!こんにちは!
今日もお立ち寄り頂きまして
ありがとうございます!

 

沖縄本島最北端の泡盛酒造所から
やんばるの泡盛をお届けしている
池原あんこ【まるた娘】と申します。

 

※ちなみに、【まるた】とは
主力銘柄『琉球泡盛まるた』の愛称&
田嘉里酒造所の屋号みたいなものです。
酒造所の看板娘(←自分で言う)なので
気軽に【まるた娘】って呼んで下さい♪

 

 

 

 

実は、

泡盛は夏によく売れます。

 

 

 

お祭りなどのイベントもありますし。

暑いから、水分補給にも適してる(笑)

でも、ついつい飲みすぎてしまう事もありますよね?

イベントが多い時期だからこそ

体調は万全にして、夏バテもなく

お酒を美味しく飲みたいですよね~!

そこでオススメの飲み方があるんです。

今日は夏にオススメの飲み方を

理由も含めてご紹介します!

 

実は夏バテ予防には泡盛のコーヒー割りが効果的らしい。

IMG_0828

↑泡盛好きの中ではメジャーな『泡盛×コーヒー』

 

最近では当たり前のように飲まれるようになりましたが

実は超優秀な夏バテ予防カクテルなんですって。

まるた娘、きちんと調べて参りました!

 

 

 

まず、コーヒーに含まれる

カフェインは利尿作用があります。

つまりアルコールを体内入れても、

速やかに排出してくれるんですね。

 

 

 

そして、コーヒーに含まれる

「クロロゲン酸」というポリフェノールが

とにかく万能らしいんです。

 

 

 

 

どのくらい万能かって、

もう、何でもできる5歳児

ガチャピンくらい万能です。

 

 

というのも、

糖の吸収を抑える、ダイエット効果、

老化を抑制する抗酸化作用に加え、

脂肪の蓄積を抑える効果もあるそうです。

これらは、アルコールを分解する

肝臓の働きを助けるという意味でも、

とても役に立つんですね。

 

 

 

ここまで万能だと、

「むしろ泡盛入れずにーヒーだけ飲めばよくね?」

ってなりますけど

そうはまるた娘が言わせないぜっ!!

だって、お酒を飲むと目に映る世界はキラキラと輝くじゃないっ!

(決して、そうゆう症状ではない。)

 

 

 

もうひとつ、夏バテ予防の為に

注意してほしい事があるんですね。

それが・・・・

 

『糖分の摂取量』

 

糖分をたくさん摂取してしまうと

疲労回復物質であるビタミンB1が

糖を代謝するために使われ、

不足がちになってしまいます。

つまり、糖分を取りすぎると

疲れがたまりやすくなっちゃうんですね。

 

 

で、ですよ。

 

 

そこでなんで『泡盛×コーヒー』

が出てくるのかって話なんですが

 

 

 

 

 

実は、泡盛には糖質も

タンパク質も脂質も

含まれないんですよ。

IMG00029

まじでーーーー!!!!

 

 

マジです。

 

 

 

長くなりましたが

これが、『泡盛×コーヒー』を

オススメしている理由なんですね。

暑い沖縄にはかなりピッタリのアレンジなんですよ~!

そして、そんな泡盛コーヒーを仕込むなら

まるた30度600mlが手軽でオススメです。

059

30度だと、泡盛の自然な甘味が感じられるのでノンシュガーで作れます。

ストロングローストの珈琲豆を入れて2週間待つだけ。

『泡盛×コーヒー』をぜひお試しくださいね~!

 

 

あ、そうそう。

じつはビタミンB1にはアルコールの分解作用もあるんです。

なので、ビタミンB1が沢山含まれている豚肉や

豆腐チャンプルーをおつまみにすると食べ合わせもイイですね♪

泡盛ともうまく付き合えて、

しかも夏バテ知らずで過ごせますよ!

 

 

 

さぁ、8月も折り返し地点に来て

まさに夏本番です!

やんばる夏イベントもまだまだ控えています\(^o^)/

楽しく乗り切っていきましょうね!

あなたに楽しい夏が訪れますように♪

 

 

愛と泡盛豆知識は田嘉里酒造所にある。

 

byまるた娘

 

【期間限定】2015年8月31日まで~!!
【夏得!ナットク!キャンペーン中】
名称未設定 2

▽泡盛選びで迷っちゃう人へのオススメは
【送料無料の蔵元一押し5本セット】

▽飲みやすい泡盛を仲間と楽しみたいアナタ
【送料無料のじゃんじゃんモアイ6本セット】


【お問い合わせはお気軽にどうぞ♪】

★合名会社田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)
☆沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417地図
☆TEL:0980-44-3297/駐車場3台
公式HP
公式Facebook 
公式twitter 
メール

 


カテゴリー

ページトップへ